外反母趾という病気

スポンサードリンク

外反母趾という病気は、どんな病気でしょうか。

外反母趾という病気は、足の親指(母趾)が変形して小指側に曲がってしま う状態です。身体の中心線(正中線)を基準に外側へ曲がっていることを外反というため、母趾が外反する、外反母趾という病名が付けられています。

外反母趾になり、親指の変形、外側に曲がる角度が広がれば広がるほど、足に痛みを伴うようになります。外反母趾という病気は、歩くことが苦痛になる、やっかいな病気です。足の変形から普通の靴がはけなくなることもあります。足に痛みがなくても、足の変形が見られるようであれば、一度確認することをお勧めします。

外反母趾という病気になると、例えば靴の中にごみや小石が入っているだけで痛くて歩くことができなくなることもあります。外反母趾による足の痛みから、足をかばうような歩き方をする結果、足が疲れやすくなり、膝や関節痛を併発することもあります。姿勢が悪くなり、頭痛・腰痛・肩こりの原因になることもあります。外反母趾による歩き方にも注意が必要です。

外反母趾という病気になり、足が変形し、靴が合わなくなり、痛みを伴うと、ついつい外出が億劫になります。外出が減ることで、体はいつの間にか運動不足になっていきます。体を動かさない結果、体重が増えていきます。太ることは、足に更に負担をかけることにつながり、外反母趾の進行原因になりますので、注意しましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2