足の形

スポンサードリンク

外反母趾を予防するために、まず自分の足の形を知りましょう。人の足の形には、「エジプト型・ギリシャ型・スクエア型」の3つのタイプがあります。自分の足の形はどれにあてはまりますか?

<エジプト型>
エジプト型は、第2指より親指が長い足の形です。日本人の6割がこのエジプト型タイプと言われています。親指が長い他に、足幅が広めな形です。親指が側面から圧迫されやすいため、外反母趾になりやすいタイプの足の形です。

<ギリシャ型>
ギリシャ型は、親指より第2指が長い足の形です。足先の細い靴を履いても、爪先に負担をかけることが少なく、外反母趾になりにくいタイプの足の形です。

<スクエア型>
スクエア型は、5本の指の長さに差がない足の形です。幅の狭い靴を履くことで、指にタコやウオノメができやすいタイプの足の形です。

パンプスやハイヒールの多くは、「ギリシャ型」に合わせて作られています。足の形が「エジプト型」なのに、「ギリシャ型」のパンプスやハイヒールを履くために、足に負担がかかり、外反母趾の原因となっています。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2