外反母趾を予防する靴

スポンサードリンク

外反母趾の予防・治療には、靴の選び方が重要です。外反母趾による足の出っ張りに合わせた靴を選ぶと、痛みは減りますが、だんだんと足が靴に合わせて広がり、指の曲がりが強くなり、外反母趾を治療するどころか、外反母趾が進行することがあります。

外反母趾による足の痛みに合わせて幅の広い靴を選ぶことは、外反母趾を進行させる間違った靴の選び方です。

そこで、元の足に合った靴を伸ばし・広げることで、痛みのない自分の足に合った靴を作りましょう。外反母趾を予防する靴を履き、外反母趾の進行を防ぎましょう。

1.シュースプレッダー
シュースプレッダーという器具を使って、靴屋さんで足のあたる箇所を広げてもらいましょう。靴の伸びは、靴の材質によって異なりますが、広げてもらう部分に縫い目や縁がこないデザインの靴を選びましょう。

2.シューストレッチャー
シューストレッチャーは、靴の型崩れを防ぐ器具です。靴の中に木型を入れて、靴の中からバネやねじの力を利用して、前後左右に革を広げます。

3.軟化剤スプレー
靴を履いた上から、足の当たる部分に軟化剤スプレーをします。体温で温められた革が、足に合わせて伸びてきます。シュースプレッダーやシューストレッチャーを使った仕上げに、軟化剤スプレーで更に足に合わせましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2