外反母趾を予防しましょう

スポンサードリンク

外反母趾は1度曲がりだすと戻すことはだんだんと難しくなります。外反母趾になり、足の親指が曲がれば曲がるほど、曲がりやすくなる、進行性のある病気です。自分の足を酷使している人や、外反母趾の変形があるかな?と思ったら、外反母趾がひどくなる前に補正や予防をしましょう。

1.足指セパレーターを使ってみましょう。
ペディキュアを塗る時に使用する足指セパレーター、足の指の間に挟むスポンジ・パッドを使ってみましょう。足指の間にスポンジ・パッドを挟むことで、足指が解放されます。1日中窮屈な靴をはいて、足先が縮こまっている指が解放され、元の位置に戻るよう胃流してくれます。外反母趾による変形を予防してくれる優れものです。

2.5本指靴下をはいてみましょう。
足の指が自由に動かせる5本指靴下は、外反母趾予防にも有効です。

3.足にあった靴を履きましょう。
今、自分が認識している靴のサイズが、自分の足にあったサイズなのか、一度靴屋さんで採寸をしてもらいましょう。甲が高い、甲が薄い、足幅が広い、足幅が狭い等、いろいろな足の形があります。自分の足の正確なサイズ(左右ともに)を採寸し、自分の足にあった靴を選び履き、外反母趾を予防、足のトラブルを解消しましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2