足の運動をしましょう

スポンサードリンク

外反母趾を予防しましょう。外反母趾は1度曲がりだすと戻すことはだんだんと難しくなります。外反母趾になり、足の親指が曲がれば曲がるほど、曲がりやすくなる、進行性のある病気です。自分の足を酷使している人や、外反母趾の変形があるかな?と思ったら、外反母趾がひどくなる前に予防しましょう。

外反母趾を予防するには、足のゆがみを改善することが必要です。足のゆがみは、関節と関節をつないでいる靭帯や筋肉の衰え等が原因で生じます。衰えた筋肉を鍛え、足のゆがみを改善し、外反母趾を予防しましょう。

1.足の運動をしましょう。
外反母趾の予防・対策のために、足の運動をしましょう。まずは、足指ジャンケンをしてみましょう。自分の足指で「グー・チョキ・パー」、きれいに指を握ったり、開いたりできますか?足指ジャンケンができない人は、少し練習すればできるようになります。

2.足の運動をしましょう。<パート2>
外反母趾の予防・対策のために、足の運動をしましょう。次に、足指でタオルをつかんでみましょう。床に敷いたタオルを足指でたぐり寄せる簡単な運動です。慣れないうちは椅子に座ってやってみましょう。できるようになったら立ってやってみましょう。

3.足のストレッチをしましょう。
外反母趾の予防・対策のために、足のストレッチをしましょう。足指をクルクルまわして動かしてみましょう。お風呂あがりや寝る前等、体がくつろいでいる時に足の指を持ってくるくるまわしてみましょう。また、足の指の間に手の指を入れて、クルクルまわして足のストレッチをし、縮こまった足指を解放してあげましょう。足の変形や痛みがある場合は、あまり無理せずゆっくりまわしましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2