装具療法

スポンサードリンク

装具療法とは、外反母趾の痛みを和らげるグッズ、親指の位置を矯正する装具、足の裏のアーチを支える足底板等を使用した外反母趾の治療方法です。

【靴をはいている時】

靴をはいている時に使う外反母趾の矯正装具に、伸縮性ベルトがあります。伸縮性ベルトは、外側に向いてしまった・曲がってしまった親指を矯正します。親指の付け根の内側に向かって伸縮性ベルトを引っ張ることで、親指を矯正します。伸縮性ベルトの矯正力は、それほど強いものではないので、人の体重・筋力や靴の圧迫に対抗するには、矯正力が十分ではないかもしれません。

靴をはいている時に外反母趾の矯正装具を使う際には、靴にゆとりがあるかを確認することが必要です。矯正装具を靴の中に入れたために、その靴がきつくなってしまって、痛みが増してしまい、外反母趾の悪化の原因につながることがあります。装具療法を用いても、外反母趾を悪化させては元も子もありませんので、注意しましょう。

【足底板】

足底板は、靴の中敷きのようなもので、足裏の崩れたアーチを押し上げる役目を果たします。
正常な足は、土踏まずに沿って縦のアーチ、親指から小指にかけて横のアーチがあります。この縦のアーチと横のアーチが崩れると、偏平足や開張足になります。そしてそれらが外反母趾の原因になると言われています。足底板を使って、崩れた足裏のアーチを戻してあげましょう。

【靴をはいていない時】

靴をはいていない時に使う外反母趾の矯正装具に、バネや板を使った矯正があります。バネや板に親指を結び、矯正する装具療法です。バネや板をゆるめに取り付けると結び目が外れてしまい、しっかりしめると足の痛みを増すことがあるので、装具の取り付けには注意が必要です。何度か試してみましょう。

バネや板等の矯正装具を使った装具療法は、外反母趾の初期段階に使用すると効果的です。外反母趾が進行すると、曲がった親指を自力で元の位置に戻すことは難しくなります。外反母趾の初期段階においては、進行を止めることが大事です。外反母趾が進行し、自分の力や外からの力を使って戻すことができなくなる前に、予防として装具療法を活用しましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2