手術後の生活

スポンサードリンク

外反母趾の手術後の生活で、患部治療以外に気をつけなければならないことに、足の血液の循環があります。

血液は、心臓から押し出されて足にいきわたります。そして、足の血液は、足の筋肉の収縮と静脈の弁の作用によって心臓に戻ります。静脈には、ところどころに弁があり、血液が末梢から中枢に向かって一方通行に流れるような構造になっており、心臓に戻る血液の逆流を防ぐ役割をしています。

足首や足の指を動かすと、足や下腿の筋肉が収縮して静脈を押しつぶします。押しつぶされた静脈の中の血液は、弁の作用によって逆流することなく中枢に向かって押し出されます。血液は、末梢から中枢に向かって一方通行に流れる構造をしているので、空っぽになった静脈の中には、末梢からまた新たに血液が流れ込んできます。血液はこのようにして循環しています。

外反母趾の手術をすると、しばらく手術した足・指は安静状態となりますので、血液の循環がうまくいかないことがあります。足のむくみや腫れは、血液の循環が原因で起きている可能性があるので、手術後の生活では、血液の循環に気をつける必要があります。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2